私がダイエットに成功した方法は食事と痩せるサプリの併用

今日は私が成功したダイエットの方法をお教えしようと思います!

今まで何度も、挑戦しては続かなかったり、せっかく痩せてもすぐリバウンドしてしまったり…
ここには書ききれないほど、いろんな体験談があります。

痩せるサプリダイエットでキレカワ女子になる!

友人から「永遠のダイエッター」なんて呼ばれている時期もありました。。笑
痩せるサプリを飲んでダイエットをする事は非常に重要です。

10kg痩せられた今、何度となく失敗したのには共通の理由があると思うのです!
それは…食事ダイエット、運動ダイエットに限らず、「無茶」だったということ。

例えば、「食事」。

食事をする前は必ずダイエットサプリを飲むようにします。

痩せるサプリを飲む事でダイエット中もカロリーを気にする事なく食べる事もできますし、脂肪の吸収を抑える事が出来ます。

ダイエットを思い立つ時、つい意気込んで、「炭水化物は一切取らない!」とか、「甘いものは食べない!」とか、「置き換えシェイクをひたすら飲む!」とか、ひどい時だと「夜ごはんは食べない!」などなど、無理なプランを立ててしまったりするものです。


もちろんこれをやれば体重は間違いなく落ちるでしょうが、世の中誘惑だらけ。継続できないんです。

「運動」にしても同じです。「今日から毎日5キロウォーキングしよう!」とか「腹筋100回やろう!」とか大きな目標を立てがちです…が!これもなかなか続かないんです。
そして、運動前と後にも痩せるサプリを飲んでください。

もしかしたら意志の強~い人は、簡単にやってのけるのかもしれませんが、たいていの人にとって、ダイエットの一番の壁は「続けること」ではないでしょうか?

ではなぜ続かないのか?それは、あなたの今の生活に合っていない事、取り入れることが難しい「無茶」な事だからです。

さて、では失敗続きだった私が、なぜ痩せることが出来たのか!?
勘のいい方はもうお気づきですね。「無茶」をやめること!

今の自分の生活に負担のないダイエットをすることです。

例えば、通勤時バスを使っていた距離を歩いてみる。

そもそもバスに乗らないという方は、1駅前で降りて歩いてみるのもいいでしょう。

無理なく、歩くことを生活に取り入れるのです。チリも積もれば山となる。十分な運動になるはずです!

例えば、夜は飲み会なんて日は、お昼に食べる物を調整します。
コンビニに売っているものはちゃんとカロリーが明記されていているので便利です。0キロカロリーの寒天や、サラダ、スープなどを選べばカロリー管理も簡単です。
夜の飲み会を楽しみに気持ちを保てば、意外にも苦にならないものです!

こんな簡単なこと?と思われるでしょうが、こんな簡単なことでも、続けることさえできれば痩せます!大事なのは「継続」です。

周りの痩せている友人を思い出してみてください!すたすた歩く・油っこいものを好まないなど、痩せる習慣が自然と身についているはずです!

痩せるサプリを飲む生活が太りにくい体を作ってくれるのです。ダイエットには痩せるサプリが最適なのです。

参考サイト⇒絶対に痩せるサプリメントランキング

あなたも、自分の生活パターンをよーく思い返して、ちょっとしたダイエットを少しずつ取り入れてみて下さい!1ヶ月後・2か月後変化が表れるはずです!

産後も太ったまま!?健康にダイエットしたい!

今まで特に太っていた訳じゃないけども、結婚して妊娠したのがキッカケで一気にオデブまっしぐらになってしまった私。妊娠中なんかはプラス20キロ到達してしまって、先生にめちゃくちゃ怒られてしまいました。

でも「産んだら元に戻るだろ~!」と思っていました。が…産後も全く減らない!なぜ!?と思いながらも、妊娠中の癖でダラダラ食べが癖になってしまっていて、産後一年が経っても全く体重が元に戻る気配はナシ。

旦那にも「お前太ったまんまやな」と言われてしまい…このままじゃダメだ!と一念発起して数か月前から初めたダイエット、その名も「お腹が鳴るまで何も食べないダイエット!」です。
専業主婦なのでほぼ一日家にいることが多く、キッチンやリビングにいるとどうしてもお菓子とかに目が行ってしまって、特にお腹がすいてなくてもダラダラと何かを食べてしまう習慣が完全に染みついてしまってたので、とにかくお腹がグゥ~!っと大きな音でなるまで、何も食べない!

実践した結果は、かなり良かったです。まず、体重どうこうの前に、無意識に食べ物に手がいく事が無くなりました。つい冷蔵庫とか意味もなく開けてしまう時は「ちょっと待った!お腹の音なった?」って自分自身に問いかけます。常に満腹中枢が刺激されている状態から脱することが出来たので、これはダイエットをしていく上で基本的な事なので、すごく重要な事だと思いました。

そして、お菓子も辞めました。お菓子すべてを辞めたわけではなくて、食べるお菓子の種類を決めました。まず、「小麦粉・マーガリン(バター)・油」この三つを使ってるお菓子はヤバイです。具体的には、ケーキやドーナツ、クッキーと言った感じです。ね?思い当たりませんか?

これ、完全に中毒性あります。これもきっぱり辞めて、あんことかの和菓子オンリーにしました。しかも一日一個まで。ついついあともう一個食べても大丈夫でしょ…!でもそこは我慢我慢です!

「お腹がなるまで食べない!お菓子は和菓子だけ!」この二つを徹底的に実践したら、徐々に無理なく体重が少しづつ落ちてきています。

一気に「○○抜きダイエット!」とかは絶対リバウンドが来るし、逆に「この薬をを飲んだらどれだけ食べてもみるみる痩せていく!」みたいなやつはヤバそうで手が出ません。怖いです。

なので、私が実践したものは比較的安全で、急なリバウンドもなく健康にもいいので、これはみんなにもぜひ試してみてもらいたいです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今、世の中には色々なダイエット方法がありますが、食事や運動をまずはしっかりと行い、痩せるサプリを飲んでください。

最初は、食事制限や運動など厳しいかもしれませんが、慣れれば楽です。

痩せるサプリを飲みながら運動、食事を気にする事でダイエットは必ず成功します!ぜひ実践してみてください!

野菜を毎日350グラム摂取するだけで痩せる!簡単ダイエット方法まとめ

ダイエットのみならず、健康のためには毎日野菜を350グラム摂取しないといけない、というような話を聞きます。しかし毎日の生活のなかで野菜をそれだけ摂取するのは難しいものがあります。
キャベツは1玉で大体1キロありますがそれの四分の一食べるといっても働いているときついものがあるでしょう。
レタスも大体250グラムしかありませんし毎日毎日それだけの野菜を冷蔵庫に常備するのも一人暮らしでは不可能に近いです。
そこで私は毎日さつまいもを摂取するようにしています。
さつまいもは焼き芋にしてもいいですし、ふかし芋にしてもいいです。一本で大体250グラムから300グラムくらいはあります。しかしこれだけでは栄養も偏ってしまいますし、さつまいもはカロリーが高いので毎日摂取していくのがしんどくなります。
そこで利用しているのが乾燥させた野菜です。切干大根が主になりますが野菜を摂取できますし、大根はカロリーが低いので沢山食べても大丈夫なのです。もちろん油を使わないようなレシピで料理を作るようにはしています。
健康に気をつけるような食生活を営んでいくと、自然と和食中心の食卓になります。
ダイエットを始めるまでは和食にあまり興味がなく肉が主な洋食や中華ばかりだったのですが、ダイエットというよりも健康のためにと思い生活をしていくと油ものの摂取も控える形になりますしカロリーが高いものを購入しなくなったりもします。
お菓子などもポテトチップスなどは摂取しないようになりました。
お菓子を購入するときも一袋で100キロカロリー以内、と自分で決めるようにしています。それをオーバーするものは購入しないようにしていますので自然と摂生節約ができるようにもなりました。最近はノンオイルや揚げていないポテトチップスなどもありダイエットの友として愛用しています。
アイスなどもなるべく我慢しているのですがイライラしてしまい我慢できないときように、ということで80キロカロリーのアイスを冷凍庫に入れています。しかしあくまでお守りとして入れているので食べないように心がけています。
冷凍庫や冷蔵庫に食べ物があるとどうしても食べてしまう、という方は何も入れておかないのがベストです。
またラーメンなども野菜をたっぷり入れるようにしています。インスタントラーメンもカロリーを見て350キロカロリーまでは麺とスープで摂取してもよい、それ以外は野菜を入れるなど自分のなかで決まりを作るとよいでしょう。
食べることがすきですので、無理して食べないダイエットは私には続きそうもありませんので、このように緩くダイエットを行っています。

毎朝のストレッチだけで痩せる!簡単ダイエット方法

皆さんこんにちは。
30歳を過ぎてから、太りやすくなったと思いませんか?
元々太りやすい体質だったのかもしれないのですが、仕事も忙しく、休日は家でゆっくりするのが日課となっている
人も多いかと思います。各言う私もその一人です(苦笑

さて私は事務仕事が多く、通勤はバスと電車なので、外回りの方や、現場作業の方に比べて運動量が少ないです。
しかし、お昼になるとしっかりお腹が空き、仕事終わりのビール飲みつつの食事は止められません。

そんな私がやっているダイエット方法を紹介します。
前もって言いますが、私の場合、特に食事制限はせず、運動もしていないので、あくまで「太るのを予防」する意味での
「現状維持」状態です。しかし、今から紹介するやり方に食事制限を足せば、徐々に痩せて行くと思うので、是非参考にして下さい。

私がやっているのは、「起床後のストレッチ」です。
何故ストレッチかと言うと、筋肉の緊張を解し、基礎代謝を上げるのが目的です。
筋肉が強張っていると、伸び縮みする筋肉の面積が少なく、代謝が悪いです。
緊張を解す事で、動く筋肉の面積が増えるので、同じ運動でもエネルギー消費量が増えるのです。
つまり、特別な運動をしなくても、筋肉の緊張が解れていたら、普段と同じ生活を送っていても、ストレッチするより
痩せ易いということになる訳です。

実際のメニューは、こんな感じです。
まず朝起きたら、布団の上でストレッチをします。
ストレッチの内容は、布団の上で、仰向けのまま手を上に伸ばし、背筋を伸ばします。
次に右足を少し上げて、左足の方に傾け右わき腹を伸ばします。その後は、その反対をやります。
状態を起こして、胡坐を書いて、少し前に重心を傾けると、太もも横?が伸びます。
そして足を組み替えて同じ事をします。
そのまま足を伸ばして、両手でつま先を触るイメージでストレッチをします。
手が届かなくても構いません。太もも裏、袋はぎを無理なく伸ばす事を意識します。
次は両手を頭の上に上げます。その際、耳より後ろに腕が来るように上げます。
上げた手を下ろす際に、腕が耳より後ろにある状態をキープしつつ、手の平が耳の横に来るよう下ろします。
すると方の辺りがぎゅーっと、締め付けられる感じになるので、数秒キープしたら、また手を上げます。
これを5回程繰り返します。
起き上がってアキレス腱をゆっくり伸ばします。
布団の上でやることはこれで終わりです。

椅子のある所で、片足を椅子の上に乗せて、ゆっくり重心を前に傾けて、太もも裏を延ばします。
その後はその反対をやります。

これで終わりです。
これで全身に筋肉の緊張が解れ、これだけでも基礎代謝は上がります。
少し余裕がある人は、この後に白湯を飲んだり、食事など意識するだけで、特段努力をしなくても、徐々に体重が落ちていきます。
ダイエットで大事なのは、急激な減量ではなく、少ない減量ペースだが、長時間続け、やせ易い生活スタイルを築く事です。
焦らず実践してみて下さい。

因みに、ストレッチをすると、腸が刺激され、毎朝快便状態になりますので、便秘気味な方にもお勧めかと思います。
では。

ダイエットをする上で大事なモチベーション

私は何度もダイエットを繰り返してやってきて、20代はほぼダイエットをしていたと思います。
しかしなかなか痩せずに色々な方法で失敗を繰り返してきました。
ダイエットをするととにかく普段しないような我慢をしたり、運動をする場合には負荷がかかったりするので、それに耐えて継続していかなければなりません。

ダイエットはすぐに効果が出るということはほぼないと思いますし、継続していく上で徐々に効果が出ていくものだと思います。
そのダイエットを維持していく上で大事なのは、痩せたいという気持ちになるモチベーションなのです。

何度も何度もダイエットに失敗した時には「痩せたい、可愛くなりたい」という風に考えていて、痩せたら服のサイズが変わっておしゃれが
できるかなとか、今よりも男性にモテるかなという風なことを漠然と考えていました。
ダイエットをする時にはいつでも本気で取り組んでいたつもりなのですが、その考え方が甘かったかなと思うのです。

私は28歳の時にダイエットに成功をしたのですが、その時には婚活をしていて、結婚相手に出会いたい、素敵な相手と巡り合いたいという
気持ちがありました。なぜ痩せたいのかという気持ちを具体的に強く持つことが、生活つながると思いました。

そしてその時に職場に同年齢ですごく素敵な既婚者の人が入ってきたことも、大きなきっかけになりました。
同年齢で結婚しているのにこんなにも美を意識してスタイルも良いということにびっくりして、この人を目標にしようと思いました。
それまでは雑誌のモデルさんや女優さんを素敵だなと意識していましたが、その人達を目標にしてみたところで世界が違うと思ってしまいますし、実際に出会うことはありません。

職場で毎日出会う人を目標にすることで、お菓子に手がのびそうになった時、ダイエットに挫折しそうになった時に、この人から遠ざかっても良いのかと思い、気持ちを引き締めるきっかけになりました。
そのおかげでそのモチベーションは半年間も保つことができましたし、それまでのダイエットの中で一番長続きしました。

ダイエットをする上で、なぜ痩せたいのか、どうなりたいのかという目標をしっかりと具体的に持ち、モチベーションを高く維持していくことがとても大事だということを
思い知らされる結果となりました。
身近にいる人を目標にして頑張るエネルギーにするということは、ダイエットをする上ですごく有効だと思いますし、半年間で5㎏の減量に成功できました。

食事制限と運動という王道で結果が出たダイエット

私は20代の頃に様々なダイエットをしてきました。単品ダイエットなどをしたこともありましたし、ビール酵母ダイエットなどをしたこともあります。
ジム通いを必死でしたこともありましたが、結果は出ませんでした。

そんな中でもう失敗をしたくないと思った私が挑戦したのが、食事制限と運動を取り入れる王道のダイエットでした。
食事制限は無理な食事制限をすると長く続けられないということを経験から学んでいたので、三食をきっちりと摂る、朝に比重を重くして夜を軽く食べるということを心掛けました。
痩せるためには食事を抜いたりすると良いと思いがちですが、食事を抜くと飢餓状態になってしまい、蓄えやすい体になってしまいます。
その為に次に食べた食事の中から体に蓄えてしまい、結果としてダイエットとは逆の結果になってしまうのです。

朝にたくさん食べるということ以外に心がけたこととして、お菓子を抜くということです。
私は毎食お菓子を食べるという習慣があったのですが、土日のみに少量食べることにして、毎日の習慣を断ち切りました。
チョコレートやスナック菓子で摂取しているカロリーはかなりあるので、それをカットすることでカロリーを抑えられるようになったと思います。

また食事制限だけではなく、運動習慣も大事にしました。
エアロバイクを購入して、自宅にいながら有酸素運動ができるという状況にして、天候に左右されずに運動をするようにしていました。
週3日40分程度を繰り返して続けることで、少しづつ脂肪が落ちていき、体が引き締まりました。

私は160㎝55㎏という体型でそれほど太りすぎていたわけではないのですが、下半身に肉がたくさんついているような形で、バランスの悪い体型でした。
エアロバイクで筋力がつくことによって、引き締まったように見えるようになってきました。

この方法を半年間実践して、結果として5㎏の減量につながることがでい、大満足の結果を出すことができました。
楽して痩せられる、短期間で痩せられるなどの言葉を聞くとそれにつられてしまいがちになりますが、そういった楽をして得をとるということはほぼ皆無で
地道に王道の方法を続けていくことが一番大事だということを考えさせられる出来事となりました。

毎日決まった時間に体重を測るということも合わせてやっていて、挫折しそうになった時には目標となる人のことを思い浮かべながらやっていました。
時間をかけて痩せたので、リバウンドも一切なかったです。

ダイエットドリンクを使って痩せることはできませんでした

私がダイエットに興味があった20代の頃に、ダイエットドリンクを使って痩せるということが流行っていました。
簡単に痩せられる、栄養バランスも良いということで広告されていて、有名人が痩せたなどとテレビで言ったりしていました。
食事をドリンクに置き換えるという方法でドリンクの値段は高かったのですが、1ヶ月ぐらいしたら結果が出るとのことで、とりあえず1ヶ月だけ
やってみようと思いました。

費用的には1ヶ月で3万円ぐらいドリンクにかかっていて高いなと思いましたが、これで3㎏程度痩せたらそれで良いかなと思いました。
ドリンクの広告には簡単、味もおいしい、栄養バランスが良い、空腹感を感じないと記載されていましたが、ダイエットを開始してそんなおいしい
話はないなという現実を知りました。

朝食、夕食をドリンクに置き換えてやってみようと思ったのですが、味が独特で濃厚な味でおいしくありませんでした。
その時点で食事の楽しみを奪われたような感じがしてショックだったのですが、味だけではなく空腹感がすごかったのです。
食事をしている時に感じていた空腹感ではないような強い空腹を感じることがあり、仕事をしている時にもぼーっとしてきたり、イライラしたりすることが
増えてきました。

昼食だけはしっかりと摂っていたのですが、他の2食がドリンクではやはり栄養バランスに欠けていたのだと思いますし、一週間ぐらいは頑張りましたが
辛くて辛くて仕方ないという感じでした。
そして体重計に乗ってみたところ、1㎏程度は痩せているかもしれないけれども、はっきりと数字にも出ていないというような感じでした。

1㎏程度は水分や食事前後などでも大きく変動する範囲ですし、誤差の程度としてしかとらえられず、1週間にあたってこんな生活をしたのに結果が出ていないと
愕然としました。
そしてそこからドリンクと一緒に少し食事をしてしまうということが続き、1ヶ月もダイエットが続きませんでした。

高い費用を出したにも関わらずに、そのドリンクの袋は手をつけずに処分するという結果になり、かなりもったいないことをしたと思います。
このダイエットをする時に、家族が体の心配をして、そのやり方はちょっと無理なんじゃないという風に言ってくれたのですが、聞く耳を持たずに突っ走ったのですが
周りの意見もしっかりと受け止める必要があるなと思いました。

ハードな食事制限はなかなか続きませんし、食事は人間にとっての楽しみでもあるので、ドリンクで置き換えるのは難しいです。